株儲からない
  1. Top
  2. » 株式銘柄


株式投資で儲からない投資家がやるべき解決策



株式投資で儲からない投資家は、株価が上がらない株式銘柄を買っているからです。

株価が上がる理由は、「買う人がいるから」又は「買いたい人がいるから」です。

なぜ「買いたい」と投資家は思うのかと言えば、将来的に株価が上昇する又は持続的に増配してくれる銘柄だと思うからです。

成長性や将来性で買いたいと思う投資家
業績の良さで買いたいと思う投資家
割安だから買いたいと思う投資家

理由はいろいろですが、共通するのは、将来的に株価が上昇する又は持続的に増配してくれる銘柄だと思うからです。

買われている株式銘柄の株価が上昇します。
買いと売りのバランスが買いに傾いている時に株価は上昇し続けます。

株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。
しかし、買われ過ぎている株式銘柄は、何かの悪材料があれば株価が急落するリスクがあります。
株式投資で儲からない投資家がやってしまいがちなことは、多くの投資家にすでに買われ過ぎている銘柄を買ってしまうことが多いと思われます。

それらを判断する材料として下記のような指標があります。


割高を判断する指標がPSR,PER,PBR

企業業績を判断する指標がROE,BPSの推移


そもそも株式会社の成り立ちを考えれば、
お宝を見事持ち帰ってくることができる探検家に資金を出資することが大事です。

そういった意味では、株主還元意識の高い米国株式市場で株式銘柄を選び、投資するのも方法の一つです。

米国株式市場は、グローバル市場で活躍する世界的な優良銘柄が多数あります。
米国内だけでなく、世界でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。

株式投資で儲からない投資家から卒業しましょう。

配当金がザクザク増える配当成長株投資法 ≫

おすすめ投資信託